2017年12月10日

ドメインの更新を忘れないように

この記事を投稿するころにはどうってことない状態になっているものと思っておりますが、非常に愛着のある汎用.jpドメインの更新をうっかり忘れておりました。

レジストラやリセラーの
「復活できますよ(お代もらいますけど)
「バックオーダーやりますよ(お代もらうしそもそも取得できるかどうか保証しませんけど)
みたいな悪魔のささやきありがた〜いお声もあったのですが、
「誰でもオーダーできるようになった瞬間にオーダーしたらええんと違うか」
という関西人気質の天啓が降りてきてしまいまして、
「じゃあブログのネタにしちゃおう」
と安易に決断してしまう運びと相成りました。

以下、私が使っていたドメイン取得代行業者様を前提にご説明します。記載の金額はすべて消費税を含みません。起稿(2017年11月)時点の情報ですので、この記事をご覧になった時点でも同様の内容が適用されるとは限りません。この点十分ご注意ください。

●復活させたかったらゼニ払ってや
⇒汎用.jpドメインの場合、復旧可能期間(ドメイン有効期限の翌月20日まで)内であれば、4,400円と1年分の更新料金2,840円を払うと復活できます。

ペナルティにしては高く、後述のバックオーダーよりも高額の費用を支払う必要がありますが、その代わりにドメインは確実に自分のものになります。

●復活可能期間を過ぎたら復活できるとは限らんけど、バックオーダーも受け付けまっせ
⇒今回のドメインでは5,556円でバックオーダーを受け付けていました。この5,556円にはバックオーダー手数料のほか、1年分の新規登録料金が含まれています。 バックオーダーですので、

1.バックオーダーを申し込んだ業者がドメインを取り損ねるとそもそも取れない
2.運よくその業者がドメインを取得しても、バックオーダーを複数のユーザーが申し込んでいると争奪戦(オークション)になる(≒費用が高騰する)
3.最終的にドメインが自分のものにならなければ費用は掛からない

という特徴があります。

●手動でも取れまっせ
⇒当然ながらドメインは先着順で入手できます。
ですので、だれでも取得できるようになった時点でいの一番に申し込むと、すんなり取得できたりします。

この場合、通常の新規登録と変わらないプロセスを経ることになりますから、かかる費用も新規登録時の相当額となります。今回は2,840円ですでした(今回はこの手を使いました)。

●結局どの手段を選ぶべきか?
⇒そのドメインに対する愛着や、ドメインを保有するメリット、ドメインが取得できなかった(他人の手に渡ってしまった)場合のデメリットを比較衡量することになります。

お仕事で使うドメインなどであれば、それを保有できないことは大いなるデメリットとなります。忘れずに更新するのが一番ですが、できなかったとなれば
「そのドメインを取り戻したい!」
という元オーナーの思いも、
「そのドメインを手に入れたい!」
と考える第三者の意向もそれぞれ強まるものと思われます。

プライベートのものであっても、ドメインの使用状況によっては同様の思いや意向が表れるでしょう。逆に、
「そんなドメインなくてもええんや!」
ということであれば、
「何故そのドメインを取った」
という突っ込みを入れたくなります。まあ、人それぞれですよね......

●ドメインの更新を忘れないために
⇒自分の誕生日や結婚記念日、プロポーズ記念日、同棲記念日、転職記念日、退職記念日、童貞卒業記念日等々のように覚えておくか、さもなくば手帳にでも書いておくことをお勧めします。

Googleカレンダーのようなクラウドサービスをお使いであれば、年毎の定期的な予定として登録してしまうのも一策です。複数年まとめて更新しておくという手もありますが、その複数年が過ぎたところで忘れていたらどうしようもないです。

レジストラやリセラーによっては更新時期にメールをくれたり、はがきを送ってくれたりするところもあります。そういうところを選んでおくのも対策のひとつになりうると思います。

●結論⇒忘れるな。
posted by ちゅやん at 19:20| 東京 ☀| Comment(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

麺バカ息子@京急蒲田

ウェブメディアびっくりセール」の帰りに京蒲田商店街(京蒲田商店街じゃないんですって)を歩いていて、無性にお腹が空いて入ったラーメン店。
その名も「麺バカ息子」。
位置的には京急蒲田駅を出て西口に進み、アーケード街を歩きつつ右手を見るとあるぞ、って感じです。

店の中はカウンターばかり10席くらい。
ティッシュはカウンターの下に、荷物入れは椅子の真下にありました。
券売機は千円札対応の小型機です。

豚醤油ラーメン、750円。
B0A27A4B-A46B-4E71-924A-F80A2265D7C6.jpg

見た目は二郎系っぽいです。
食券を渡す時に汁あり・汁なし、ニンニクの有無を聞かれます。

麺はちょっと固め。
チャーシューは心持ち柔らかく、いい感じでした。

渡されたサービス券(永久サービス券ですってよ奥様)の裏を見て、はて、こ奴の有効期限は西暦何年だろうか、と悩んでしまう一幕もありましたとさ。
気になる方は現物を手にして見てください……
posted by ちゅやん at 18:36| 東京 ☀| Comment(0) | mogmog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

Tokyo Subway Ticketの日付ネタ

東京メトロと都営地下鉄を日跨ぎで24時間、48時間あるいは72時間使いたい時に非常に役に立つ"Tokyo Subway Ticket"、東京住みの純ジャパ(違)が調達するには色々面倒な道を辿ることになります。
ポピュラーなところではEX予約やANAで羽田着国内線に乗ってきたり、はたまた成田空港から東京シャトルで移動したりしたときに調達できます。D64DCEE7-E188-4A57-9FC6-D55643E25C4E.jpg

今回はそんな調達の話ではなく、買った後の有効期限と日数計算のお話でございます。

この企画券はあらかじめ有効期限が印字されています。
今まで買ったものだと、だいたい購入6か月後以降に初めて到来する3or9月の末日となっていました。
(例:1月購入→9月末日まで有効)

この度2017年9月末日を迎え、計画性のない私は手元に数枚のTokyo Subway Ticket(未使用)(同日まで有効)を抱えておりました。
誰か友人知人に横流すにも相手も時間もなく、かといって金券ショップに持ち込んでも金にはならず、さらにそこら辺の観光客に配るにも風態が怪しい以上はどうしようもなく、悩みあぐねた末に「せめて何かのネタにしよう」と思い立って本稿の執筆に至った次第でございます(前置きが長いのはご愛嬌)。

で、色々やってみてとりあえず判明し、あるいは類推できそうな内容を以下列挙します。

1.あらかじめ印字されている有効期限「◯月◯日」を超えても、改札に通したときに印字される有効期限「◯時◯分まで」が優先適用。
したがって9月末日の23時59分に改札機に突っ込んだ24時間券は、例え券面上の印字に「9月30日」と記載があっても翌10月1日の23時59分まで24時間有効。
40847A1D-0399-42D6-8F73-7E8F09FCD1DD.jpg
(図1-1.この券は9月30日の経過により期限が到来したわけではなかった。実際10月1日の始発以降も普通に使えた)

2C61178E-61A8-45FF-950F-83E5D126E80B.jpg
(図1-2.こちらは48時間券。図1-1と同様、新たに印字された10月2日の始発以降も普通に使えた)

2.あらかじめ印字されている(中略)、期限当日の終電前ならば改札機に投入可能。
この場合、そこから24or48or72時間有効となる。
23602D5F-BBDB-4312-817F-292EE90BF490.jpg
(図2-1.この券は24時間券(左上黒丸2個目参照)。日付の変わった10月1日の午前0時13分に改札機へ投入し、無事受け入れられた。新たな有効期限はそこから24時間)

詳細は後刻。
posted by ちゅやん at 03:05| 東京 ☁| Comment(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

KDDIスーパーワールドカードの残高合算

カード番号の頭にある「81#」「61#」が違うと合算できないそうだ。
KDDIのWebサイトに「違う種別のカードは合算できません云々」とあったので、勝手に「そりゃSWCとGoGoは別物だしなぁ」とごちていたら、もっと厳しい制限であった。

ちなみに61#で始まるカード番号はPOSAであり、それ以外は概ね81#とのこと。

お陰様で手元のカードがだぶついたが、まあ、授業料代わりである。
教えてくれたKDDIのオペレーターが頼りなさそうな応対だったので拍子抜け。

台湾からの通話料が主要アジア国・地域に比べて高額というのも新発見。
posted by ちゅやん at 18:20| 東京 ☀| Comment(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

【追記】日本初の空港型市中免税店に行ってきました

これまで日本の「免税」を掲げる店は短期滞在外国人向けの免税店ばかりでした。
なので免税といっても日本の消費税が免税されるだけで、
さらには買い物したい日本在留・在住者にはメリットのないビミョーな制度でした。

ところが、この度東京は銀座に「空港型市中免税店」がオープン。
海外にある大型免税店のように、市中(市内)で商品を選んで・買って、
引取は空港で出国後に―というタイプのお店であります。

この場合、日本の消費税だけでなく日本の関税・酒税・たばこ税も課税されません。
さらに、日本在留・在住者でも指定空港(現在は成田・羽田)から向こう1ヶ月間に
出国する予定が決まっていればメリットを享受できるというスグレモノ。

そしてふと手元を見るとパスポートとeチケット。
はい、私は次の週末に羽田から出国するのであります。

というわけで行ってきました。Japan Duty Free GINZA
以下、はじめての方でも分かりやすい空港型市中免税店の使い方でございます。
写真撮影は憚られたので思いの丈もつらつらと。

(1)まずはカウンターでショッピングホルダーをもらいましょう。
自分のパスポートと出国するフライトが分かるものを持っていきます。
出国1か月前から前日まで(日付が変わった未明から朝方発のフライトの場合は前々日まで)OK。
ちなみに、カウンターに寄らなくともウインドーショッピングはお楽しみいただけます。

(2)(1)の手続が済むとショッピングホルダーをもらえます。
これがあればレジでの精算の都度パスポートや搭乗券を出さなくともよいので楽です。

(3)あとは買いたい物を選んで、買う。
現金はもちろんクレジットカードも使えます。
ふつうの買い物であれば買ったその場で商品を受け取りますが、
免税店なので控えのレシートを渡されます。

(4)フライト当日は(3)で貰ったレシートとパスポートと搭乗券を持って
出国後、空港の指定されたカウンターへ。
商品を受け取っておわりです。


とりあえず(3)までは体験してきたので(4)は後日談にします。

以下、ザギンに赴いた感想。

(a)広い割にお客が少ない。お客と同じくらい店員がいて尻込みする。
これは当面仕方ないかも知れません。オープンが1月27日、私が訪問したのが1月31日。
市中免税店自体日本初ですし、外国人観光客も(情報がいっぱいある)銀座の百貨店や
そこいらのドラッグストアや家電量販店に行きがちなのでしょう。
時とともに、お店の話題が広まればお客さんも増える……のではないでしょうか。

(b)品数が少ない。ブランドも海外の市中免税店に比べると少ない?
これも今後に期待です。お酒やたばこは店頭ディスプレイだけでなく、
タブレット端末でオーダーもできちゃいます。
品数が少ないところはこれでカバーしているのでしょうね。
ファッションもの(鞄や衣類など)はブランドからして少なかったですが
コスメティック方面は結構な数のブランドがあったような気がします。
ちなみに「日本のモノ」コーナー的なものもありましたが
数百円のペンから数十万円のカメラまで品を絞って出していました。

とりあえずの結論:モノは試しだ行ってみよう。
私としては銀座に行くついでに足を運べばいいかな、というところです。
日本人はまだまだ空港の出国後の免税店カルチャーのほうが
慣れているのかも知れません。

【2/16追記】
もういちど行く機会があったのでいくつか気になったことを聞いてみました。
今時点でどうなっているかは保証できませんが、とりあえずそのときに聞いた内容を。
(1)ショッピングホルダーは購入締切日までなら何回でも使えるの?
→ホルダーを発行した当日は何回でも使える。
 発行翌日以降はもう一度発行する必要あり。パスポートとeチケットが必要。
(2)そもそもお客さん来てる?
→日本人はそんなに……。外国人も少ないけれど、まだまだ認知度が低いので
 今後はもっと増えてくるのでは。

あと店員が主要国(G20くらいはあった)の酒とタバコの免税範囲リストを
胸ポケットに忍ばせていたのが印象的でしたよ。
posted by ちゅやん at 21:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

ジェットスターの予約記録にカンタスフリークエントフライヤーの会員番号を記録してもらうの巻

※普通に終わらなかったので日記になりました。

格安航空として名高いジェットスター*ですが、
所定の料金を払うと割引運賃でもカンタスフリークエントフライヤー(QFF)プログラムの
マイレージポイントを加算することができます。
カンタスは最後の加算から18ヶ月ポイントが有効なので^
意外と使い出があったりします。

ジェットスターの運賃種別はこんな構成になっています。
運賃タイプとオプション|JetStar
http://www.jetstar.com/jp/ja/planning-and-booking/fares/fare-types

基本運賃として"Starter"と"Business"があり、それぞれオプションとして
"Plus""Max"と"Max"が設定されています。
つまり
●Starter
●Starter Plus
●Starter Max
◎Business
◎Business Max
の5パターンが用意されていることとなります。

このうちQFFポイントの積算対象となるのは"Plus""Max"のいずれかがつく運賃だけです。

このたび私はKIX-TPE路線に乗ることにしました。
はじめての海外旅行が3KのKIX-TPEで、これだけで3回目の搭乗です。
今回は"Starter Plus"を選びました。
追加料金は基本運賃(+燃油サーチャージ・諸税)に+2,700円。

が、今回はちょっとトラブルがありまして……
フローとしては以下の通り。

0.カンタスフリークエントフライヤー(QFF)の会員になった
 ↓
1.ジェットスター*の予約を入れた
 ↓
2.予約記録にQFFの会員番号を反映してもらうためにコールセンターへ電話


0.カンタスフリークエントフライヤー(QFF)の会員になった

これ自体はカンタスのWebサイトから会員登録すればいいだけ。
中学英語が分かればたいていの人はできると思います。
日本のフリークエントフライヤープログラムと違って
プラスチック製のカードは日本在住の平会員には届かないので#
会員番号は必ず控えておきましょう(メールにも書いているはず)。
忘れたらカンタスの日本予約部に電話すれば教えてもらえますが、
平日しか対応していないので念には念を。


1.ジェットスター*の予約を入れた

これも普通にジェットスターのWebサイトで予約できます。
こっちはありがたいことに(かなりまともな)日本語で手続きできるので、
ふらっと海外に行きたい(けれど語学に自信がない)方にもおすすめです。
なおお支払いにはV/M/A/Dしか使えませんのでご注意ください。
(V→VISA、M→MasterCard、A→AmericanExpress、D→Diners)
なお、予約時点でQFFの番号を登録することは可能です(氏名入力欄の横にある)。



2.予約記録にQFFの会員番号を反映してもらうためにコールセンターへ電話

夜中の1時過ぎに電話しましたマジごめんなさい。
旅程の予約番号と氏名・住所を伝えて、QFFの番号を口頭で言えば終わり…のはずなのですが、
「あんたの名前で別の番号が2つ出てきた」とオペレーターに言われました。
その上でどれが何であるか確認できない以上FFPNo.としては入力できないこと、
この番号が何であるかはカンタスに直接確認してほしいことを告げられて電話を終えました。

そして今日は土曜日っていうね。orz

とりあえずREF.欄に番号を単独で入れてくれたらしいので
搭乗前後のどこかの時点でまたジェットスターに電話するか、
カンタスに事後登録の形で加算するかできるみたいです。

週明けに電話するか…。
posted by ちゅやん at 03:22| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

NASがまともに動かない

昨日の夜に、バイト先の詰め所にあるNASにアクセスできないと同僚から言われた。
いやそらえらいこっちゃはよ治さんと、と思ってVPNに繋いでリモートで状況を見てみようとするも管理画面を出せない。
電源が入っていないという根源的問題は昨日の夕方に自ら投入したから解決しているはずなので、もうNASもいかれたとしか思えない。

暑さでお逝きになりましたか?www

ということで拘束時間終了とともにサビ残っぽいソロ活動開始。
意外と楽しいなう。
posted by ちゅやん at 17:15| 京都 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | Hasta la vista, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

JL 123

春秋

2010/8/12付

 「東京発大阪行の日航123便がレーダーから消えた」。歴史に残る23文字というべきだろう。ちょうど25年前のきょう、全国の報道機関が受信した時事通信の速報ファクスだ。午後7時13分。あのジャンボ機墜落事故の第一報である。

▼紙片を手に、デスクが「おーい誰か」と叫んだのを覚えている。先輩記者が「524人も乗っているぞ」と声を張り上げたのは間もなくだったろう。総員呼び出しのポケットベルが鳴らされたはずだ。そのとき機体はすでに「御巣鷹の尾根」に散っていた。惨状は、いや場所さえも夜が明けるまで分からなかった。

▼あれほどの事故がなぜ起きたのか。検証はさまざまに重ねられ、教訓がつづられ、悲劇を繰り返さないための誓いを立ててきた四半世紀だ。航空界は当時とは大きく変わり、日航も今では経営再建中の身だ。けれど安全がすべての前提であることに変わりはない。それがおろそかにされるなら犠牲者の魂が泣こう。

▼騒然とするあの夜の編集局で、乗客を一人ひとり特定する班に組み入れられたのを思い出す。押し寄せてくる名簿のなかの、カタカナの名前、名前、名前。たくさんの企業戦士がいた。お盆で里帰りする親子が乗っていた。著名人も少なくなかった。ながい歳月を経たというのに、死者たちの無念がまた胸に迫る。


柄にもなくメモ。飛行機の中で読んだのがちょっと来た。
posted by ちゅやん at 07:56| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

出発までは大丈夫と見た

秋田空港のロビーでノートパソコン広げてます。

というのも携帯電話の充電が2/3になったから。アパートの中にあるはずの携帯充電用バッテリーがどうしても見つからずに持ってこられなかったので、PCとUSBケーブルを使うという苦肉の策で乗り切ります。

秋田空港ではロビーで無線LANを使えます(無料)。WEPキーで暗号化してあって、そのキーは毎月変わるとの触れ込みで1階到着ロビー前のカウンターに掲示してあるのですが……いつ行っても変わってないような気がします。

でもって今警察官が目の前を通過しました。ジロジロ見てるあたり、きっと携帯電話でインターネット使ってる若者か何かにしか見えなかったのだろうと拝察いたします。ごめんなさい、インターネットにこれ以上金をつぎ込む余裕はありません。不審な出で立ちで申し訳ありません。

pink.jpg
本日の写真を1枚。秋田市・有楽町界隈の某ホテルです。いままでは手前の空き地に建物があったりしてそれなりに見えづらいロケーションだったはずなのですが、今ではこれ見よがしにそびえ立つラブホテルでございます。

あ、なんか頭が痛くなってきた。

それでは今はこの辺で。
クラスJに乗ってもぐっすり眠れそうな勢いで頑張ります。
posted by ちゅやん at 16:25| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キジが留まった

…ではなく、記事が止まったと言われたので再開。

本当は別システム(笑)に移行してからスーパーリニューアルオープン(笑)とでも銘打って再開すればよかったものの、最近は貧乏暇なしということで作業に使えそうな時間がまったくない。
というわけで雑記を書きます。

昨日と今日は秋田にいます。高校の学校祭へのお礼参り名目で来ましたが、本当は大学からの差し金(笑)です。
とりあえず大学のアレな商法をお伝えし、入試制度の変更点を説明して撤収。名目上部活にも顔を出し、先輩風(笑)を吹かせてクソ不味いスポーツドリンクとふつうのスイーツ(笑)を差し入れました。老害との相殺です。

そしたら別の後輩(※彼は卒業済です)にトランシーバー渡された。なんじゃこりゃ。

ちなみに高校では恩師の先生方多数に会(ってしま)いました。
あとは例年来ているのを知っていますが、高校時代通ってた塾の先生方にも会(ってしま)いました。そしてブログが止まっているのを突っ込まれました。

ホテルに戻ってきたのは確か午後6時半くらいでしたが、そこから午前2時50分まで爆睡余裕でした。1時間作業して、京都・新福菜館っぽい味の「末廣ラーメン」で夕食なんだか夜食なんだかよく分からない食事。



これだけじゃただの日記なので何か書きます。

朝から驚きました。ふつうビジネスホテルのモーニングコールは機械音声です。そう思って5時半にセットしたモーニングコールを1分遅れで取ったら、女性の声で「○○様おはようございます、モーニングコールでございます」。切ってから青ざめました。フロントのお姉さんごめんなさい。

あと、やっぱりタクシーの値上げはきつい。駅から高校までタクシー飛ばして行きましたが、昔よりも高くなってますね。あの頃は千円札でお釣りが来るくらいだったのに、今では千円札だけで乗ったら無賃乗車になりかねないくらいです。(参:駅→高校1,390円、高校→駅前のホテル1,090円)

そして私は今日帰ります。
posted by ちゅやん at 07:39| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする