2017年10月04日

Tokyo Subway Ticketの日付ネタ

東京メトロと都営地下鉄を日跨ぎで24時間、48時間あるいは72時間使いたい時に非常に役に立つ"Tokyo Subway Ticket"、東京住みの純ジャパ(違)が調達するには色々面倒な道を辿ることになります。
ポピュラーなところではEX予約やANAで羽田着国内線に乗ってきたり、はたまた成田空港から東京シャトルで移動したりしたときに調達できます。D64DCEE7-E188-4A57-9FC6-D55643E25C4E.jpg

今回はそんな調達の話ではなく、買った後の有効期限と日数計算のお話でございます。

この企画券はあらかじめ有効期限が印字されています。
今まで買ったものだと、だいたい購入6か月後以降に初めて到来する3or9月の末日となっていました。
(例:1月購入→9月末日まで有効)

この度2017年9月末日を迎え、計画性のない私は手元に数枚のTokyo Subway Ticket(未使用)(同日まで有効)を抱えておりました。
誰か友人知人に横流すにも相手も時間もなく、かといって金券ショップに持ち込んでも金にはならず、さらにそこら辺の観光客に配るにも風態が怪しい以上はどうしようもなく、悩みあぐねた末に「せめて何かのネタにしよう」と思い立って本稿の執筆に至った次第でございます(前置きが長いのはご愛嬌)。

で、色々やってみてとりあえず判明し、あるいは類推できそうな内容を以下列挙します。

1.あらかじめ印字されている有効期限「◯月◯日」を超えても、改札に通したときに印字される有効期限「◯時◯分まで」が優先適用。
したがって9月末日の23時59分に改札機に突っ込んだ24時間券は、例え券面上の印字に「9月30日」と記載があっても翌10月1日の23時59分まで24時間有効。
40847A1D-0399-42D6-8F73-7E8F09FCD1DD.jpg
(図1-1.この券は9月30日の経過により期限が到来したわけではなかった。実際10月1日の始発以降も普通に使えた)

2C61178E-61A8-45FF-950F-83E5D126E80B.jpg
(図1-2.こちらは48時間券。図1-1と同様、新たに印字された10月2日の始発以降も普通に使えた)

2.あらかじめ印字されている(中略)、期限当日の終電前ならば改札機に投入可能。
この場合、そこから24or48or72時間有効となる。
23602D5F-BBDB-4312-817F-292EE90BF490.jpg
(図2-1.この券は24時間券(左上黒丸2個目参照)。日付の変わった10月1日の午前0時13分に改札機へ投入し、無事受け入れられた。新たな有効期限はそこから24時間)

詳細は後刻。


posted by ちゅやん at 03:05| 東京 ☁| Comment(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

KDDIスーパーワールドカードの残高合算

カード番号の頭にある「81#」「61#」が違うと合算できないそうだ。
KDDIのWebサイトに「違う種別のカードは合算できません云々」とあったので、勝手に「そりゃSWCとGoGoは別物だしなぁ」とごちていたら、もっと厳しい制限であった。

ちなみに61#で始まるカード番号はPOSAであり、それ以外は概ね81#とのこと。

お陰様で手元のカードがだぶついたが、まあ、授業料代わりである。
教えてくれたKDDIのオペレーターが頼りなさそうな応対だったので拍子抜け。

台湾からの通話料が主要アジア国・地域に比べて高額というのも新発見。
posted by ちゅやん at 18:20| 東京 ☀| Comment(0) | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。