2019年04月07日

「一生わすれません」

ある後輩から投げられた言葉です。>タイトル

実家に帰ると、元私の部屋(現弟の部屋)があります。
かつて宿主は年がら年中不在にしておりましたからほとんど物置と化しているのですが、それでも盆と正月の年2回戻ると、布団を敷くくらいのスペースはおおむね確保されていました。
ですので帰省後は真っ先に布団を引っ張り出し、最終日には保管に備えて布団を丸めておくというのがライフワークでした。

その部屋の片隅に、色紙を綴じたファイルを置いていました。
別に芸能人のサインとかではなく、おおむね部活その他の引退時に後輩たちから貰った寄せ書きが集約されております。

そこにある言葉の一つに「一生わすれません」があります。後輩M女史の手になるものです。

このM女史、諸々の経緯はさておいて私を目の敵のごとく扱ってもらっておりました。経緯があるだけにこちらとしても何も言うことはなかった(むしろそれくらいのことはあるわな、と覚悟はしていた)のですが、10年経って見返してみると過去の事象をちゃんと思い返せます。この一生わすれない宣言があるために、相手方であるこちらが忘れないというのは素晴らしいことです。
もっとも宣言した側が忘れないかというとそういうことはないと思います。高校卒業後は全くコンタクトを取っていませんし、向こうは向こうなりの人生を歩んでいることでしょう。ここまで二十ン年の人生において消え得ぬ程の傷を残したとはもとより思いません。

時は過ぎていよいよ10年を超えております。記憶の整理をするべく忘れようとしても、任意和解でもしない限り、忘れることには一抹の不安が残ります(何言われるか分からないので)。とはいえこちらからコンタクトを取るような性質の事案でもないし、さてどうするかな?……と思ってこのエントリを残しています。

いまひとつ釈然としないことそのものが、悔やんでも悔やみ切れない思いとなって、私の心に大きなひっかかりとなっているのです。


posted by ちゅやん at 14:25| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

Googleフォトと東横インの親和性

何のこっちゃ。>タイトル

ここ1年、東横インに泊まる度に思うことがあります。
それは「客室内の無線LANに接続しているとGoogleフォトへのアップロード(バックアップ)ができないのでは?」ということです。

どういうことかというと、Wi-Fi接続中に限りGoogleフォトを自動バックアップするように設定してある端末であっても、客室内の無線LAN(SSIDに部屋番号が付いているもの)に接続している間はバックアップしてくれない(正確にはバックアップ待ち状態のまま進捗がない)のです。手動でバックアップさせようとしても挙動は同じ。

昔のSSID「toyoko-inn.com」だとできちゃう不思議。ロビーはだいたいこのSSIDなので、前日分を朝食会場でアップロードするという荒業もできなくはありません。

そもそも公共の無線LANはセキュリティ上の懸念が拭いきれないので、気になる人はどこかの有償VPNサービスで暗号化でもしましょう。

画面キャプチャを取っていなかったのでこの続きは次回滞在時にでも。
posted by ちゅやん at 22:45| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

「関西」をどう読むか

大阪が誇る国際空港、関西国際空港。
英語では"Kansai International Airport"といい、3レターコードから"KIX"とも呼ばれます。

この空港は大阪府の南側に位置するのですが、逆に北側には関西大学があります。
他にもちょっと西の方に行くと関西学院大学が、さらに西に行くと関西高校があります。

これらは部外者にとっては厄介なことに、同じ文字を同じ発音で処理するというわけではなかったりします。
すなわち関西大学(吹田)は"Kansai University"、「かんさいだいがく」ですが、関西学院大学(西宮)は"Kwansei Gakuin University"、「かんせいがくいんだいがく」です。関西高校(岡山)の「関西」は"Kanzei"、「かんぜい」と発音します。

関西に馴染みの薄い方にとってはこの時点で「何のこっちゃ」と匙を投げたくなるでしょう。

読みが違うのは固有名詞なので仕方ないものとしても、問題はまだあります。
日本国内においてはKwanseiは「かんせい」、Kansaiは「かんさい」、Kanzeiは「かんぜい」とする発音が多数を占めているとは思うのですが、日本のカルチャーに触れていない方が発音するとまた一味違ってくることもあるのです。

その筋でよく言われるのはKwanseiにおいて「くゎんせい」と発音する読み方です。とはいえ、「かんせい」との違いはせいぜいwを発音上意識するか否かくらいですので、耳にした時に二者を取り違えるようなことは少ないものと思われます。
それよりもこちらの方が深刻かもしれません。実際に耳にしたケースで、日本語以外の母語をお持ちの方がKansaiを「かんざい」と読むことがありました。
具体的には「かんざい・インターナショナル・エアポート」みたいな感じです。

これはどう言うことだろう……と悩みましたが、ある時ふとヒントが見えてきました。
アメリカの州のひとつに「カンザス州」があります。英語表記は"State of Kansas"となり、綴りだけを見るとKansaiに非常に似ています。
しかし読みは「カンザス」であり、「カンサス」ではありません。

Kansaiの"sa"とKansasの"sa"を同じだと思ったならば、カンザスをカンサスと発音したり、かんさいをかんざいと言ったりしても不思議ではなさそうです。
そして日本人にとっては読み仮名よりも実際の漢字文字列のほうが目にする機会が多いと思われますので、読み方を知らなかったり間違えてしまったりすることもままあるように思われます。

特定の固有名詞においてはKansaiもKwanseiもKanzeiも漢字にしたら同じ文字やで、と書くと日本語の難しさが現れてしまいます。
ついでにKansaiという語ひとつでも読み方は複数あり得るんやで、と言うと言葉の難しさを実感します(発音記号がそれを救ってくれるのですが)。

某学生スポーツの指導者の騒ぎを見てふとエントリを起こしました。読み間違いを弁護する気も、またそもそもの騒ぎについて他意を抱くわけでもありません。

西に住んでいたのはもう何年も前です。それを今更思い出すあたりに、自らの年齢を感じました。
posted by ちゅやん at 21:15| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

公衆電話

誰にでも思い出の場所はあろうかと思います。
恋人との初デート、配偶者にプロポーズされた/した場所、交通事故に遭った場所etc...

私にもいくつかあります。そのひとつが「セブン-イレブン 常盤橋店」です。

何言ってんだこいつ、とお思いの向きもありましょう。
それもそのはず、コンビニは世の中にいっぱいあります。セブン-イレブンひとつとっても2018年4月末現在で全国に20,337店舗、東京都内だけでも2,641店舗あります(出典:セブン-イレブン ジャパンWebサイト)。
n(n≧1を満たす任意の整数)日前に行ったコンビニの場所とブランドと店舗名を言ってみろと言われても正確に思い出せるかどうかは甚だ怪しいところがあります。

それではなぜ思い出に残っているかというと、今の勤め先の採用プロセスで電話をかけることがあり、そのワンステップがここにあったという、ただそれだけのことです。

それじゃ話が繋がらないのでもうちょっと続けましょう。

当時はシューカツ生、東京と京都と大阪を二股かけて飛び回るような生活をしていましたので、想像に難くなくゼニがおまへん状況でした。
そして同時に今ほどスマートフォンが流通しているわけでもなく、ガラケーユーザーであった私は充電器の類を持っていなかったところに電話をしなければならなかったという状況下では公衆電話に頼らざるを得ません。

ところが公衆電話というのはテレホンカードか、さもなくば小銭を大量に使う代物です。
そのうえ通話料金は一律定額ではなく、相手先が遠ければ遠いほど高額になります(厳密には基地局間の距離に基づく)。
当時は近いところだと1分10円、最遠区分だと1分70円超(8.5秒で10円)でした。消費税率の引き上げに伴って今は改定されています。
最遠区分は160km超ですので、例えば京都や大阪にいながら東京宛に電話すると途端に最大料金で課金されてしまいます。

そんなところに役立ったのはプリペイドカードです。
プリペイドですが、テレホンカードではありません。コーリングカードという代物で、当時NTTコミュニケーションズやKDDI、ソフトバンクテレコム(現:ソフトバンク)といった大手通信事業者が売り出していました(他にも中小規模の会社が色々と売り出していましたが料金体系やターゲット層がまちまちでした)。

当時買ったのはNTTコミュニケーションズの「ワールドプリペイドカード」です。このエントリを起こす時点で既にサービスごと終了していますが、当時は1,000円で1,160円分の通話ができ(販売/購入方法や時期によって割増率は変動)、公衆電話から日本国内の固定電話へは一律6秒2円(1分20円)のハドソン課金でした。カード購入時点で16%の割り増しが付いているので、実質6秒1.724......円(1分17.241......円)とも言えます。
このカードは携帯電話からの通話や、携帯電話宛の通話でも利用できました。ただし固定電話/公衆電話からの料金と比べると段違いで高額でしたので、当時の携帯料金プラン(30秒20円とかが主流)で直接かけた方がまだ安価だったと推測されます。

そして公衆電話から国内固定電話への通話がフラットレートなので、日本中どこにいても料金をあまり気にせずに電話をかけられるという点がまさに利点でした。当時はいつまでシューカツに励む羽目になるかわかりませんでしたので、とりあえず持っておこうと思い立ち、たまたま思い立った時に常盤橋の近くにいたがために、件のお店で調達するに至ったというわけです。

電話した場所も覚えています。住所的にはギリギリ丸の内の、東京駅日本橋口近傍のサピアタワー1階にあった公衆電話でした。今はもう撤去されていると思います。
更に言うと、常盤橋付近を歩いていたのは近隣某社の会社説明会か面接の帰りだったと記憶しています。すんごい近くにある某金融系会社の(昭和の雰囲気が漂う会社様でした)。

それからx(x≧1を満たす以下略)年が過ぎ、こうしてその電話の相手のご厄介になっています。
どこでどういうことになるか、人生分かったものではありません。

今でも公衆電話を見ると、たまーに当時のことを思い出します。
当時のカードは使いきりましたし、きょうび財布にテレホンカードを入れているなんてこともないのですが、それでも公衆電話は(最盛期に比べて減ったとはいえ)そこら辺にあります。災害時には優先電話にもなってくれます。
どんなサービスでもそうですが、使わないと廃れていってしまいます。ユニバーサルサービスとして保護されてはいますが、たまには使い方を思い出したり、小銭を入れたりカードを出し入れしたりして、メンテナンスがてらに公衆電話を使ってみるのもいいかもな、と思いました。
posted by ちゅやん at 21:45| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

Ubuntuをどうにかするでござる

うぶんとぅと読めばいいのでござる。>タイトル

ぷはー。たいへんたいへん。
相変わらずカードリーダー(というか入退場管理のシステム)は私が嫌いなようです。早くデータが反映されるといいな。

あとポケモンも頑張ってます。
譲渡地方の攻略に向け(誤字は故意。"悪意"です)日々精進いたしております。

その一方で今日から16インチの折りたたみが大活躍中。
でもハンドルが曲がってるので(オーナーの根性を反映させたとの説あり)、ちょっと大変です。

ねーようっと。
posted by ちゅやん at 23:08| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

二郎的な豚らしきもののレシピ

正直二郎そのものを食べたことがないのでなんとも言えない。>タイトル

というわけで、ネット上で「二郎っぽい豚」のレシピとされているものをひととおり拝読し、それを参考に適宜製造してみましたです。はい。

●材料
・しょうゆ 700ml(by生協)
・みりん 330ml(同)
・料理酒 50ml(同)
・塩 20g(bought at生協)
・にんにく 1袋(7個入り、同)

・豚ヒレ肉 1.1kg(同)

●レシピ
1.豚ヒレ肉を熱湯の中に投入。
 20分後、水冷。
 一旦鍋の中は空に。

2.しょうゆ、みりん、料理酒、塩、にんにくを入れ、沸騰させる。
 沸騰したら豚ヒレ肉を投入し、30分待つ。
 30分後、火を止めて待つ。

3.できあがり。

●結論
写真は上げられぬ!あれはひどかった!
posted by ちゅやん at 08:49| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

税理士事務所からのDMを引用

よくもまあ新設法人にドバドバと送るもんだ。

>法人設立後は、
>(1)2ヶ月以内に「法人設立届出書」を税務署に提出
>・・・都道府県、市町村にも提出が必要です。
>(2)青色申告をするなら原則3ヶ月以内に「青色申告の承認申請書」を提出
>・・・1日でも遅れると青色申告ができません
>(3)役員報酬・給与の支払いがあるなら1ヶ月以内に「給与支払事務所等の開設届出書」を提出
>(4)源泉所得税を半年に1回の納付(従業員10未満の場合)にするなら、その適用を受けたい月の前月までに「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書兼納期の特例適用者に係る納期限の特例に関する届出書」を提出
>・・・この届出を出さなくて源泉納付(翌月10日が納付期限)が遅れると、罰金・利息が付きます
>※その他にも色々と届出があります。

分かっとるっちゅーに。
税務署提出分はもう所轄税務署からフォーマットもらってます。

でも、ここまでしないといけないくらいに税理士業界も大変なのかもなあ……などと思ったり。
posted by ちゅやん at 02:01| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

the First Day in Twenties

いやー、今日はいろいろやった。

まずは、と。
11:00 自宅発
12:45 公証人合同役場着
15:10 定款認証完了
15:40 登記申請書提出完了
16:02 駐輪場
18:10 献血完了
19:00 夕食完了
20:00 帰着

公証人役場であれほど待つことになるとは思わなかったです。13時に番号札をもらって、呼ばれたのが14時15分。14時35分に手続開始後、完了が15時10分。
ただ、これは事前の予約などによって大分短縮されるはずですので、そこら辺は鋭意工夫すれば困らないと思います。
法務局では一旦相談窓口を経て申請しました。別に相談しなくとも直接申請窓口に出せばいいのですが、登記の内容がちょっとだけ複雑だったので心配になり相談。やっつけ同然の処理でしたが、一応OKだそうです。

さーて、残るは献血!というわけで献血してきました。そしたら人が多いのなんのって。問診まで25分待ちとか、いつもはありえないくらいの人数でした。夏休み効果か、それとも水曜日効果か、はたまた暑さ対策か。いずれにしてもすごい数でした。

〆は一風堂で白丸。正直替え玉を食べ過ぎてお腹が痛いです。
なんか今日も普通の一日でした。

ちなみに、法人設立登記申請の効力は登記の完了日に、申請日まで遡って生じます。以上、20歳の自分でした。
posted by ちゅやん at 23:05| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。